ブログ

2018/12/11

九大大会結果報告について

カテゴリー:大会戦績

おつかれさまです。来年度の新広報となりました、55期の菅谷です。よろしくお願いいたします。
12月9日(日)に日本大学芸術学部所沢キャンパスにて行われました、第50回学生空手道振興連盟大会(九大大会)についてご報告いたします。

【有段形 男子個人】
第3位 南任蒼士(1年)
敢闘賞 平田直樹(2年)
【有段形 女子個人】
第1位 堀口珠佑(1年)
第3位 渡邊理愛(2年)
【有段組手 女子個人】
第1位 堀口珠佑(1年)
第3位 菅谷わこ(2年)
【組手団体 男子】
第3位 誠心会Aチーム: 若海拓馬(4年)武井峻(3年)川崎峻介(2年)三好兼介(2年)南任蒼士(1年)
【組手団体 女子】
第2位 誠心会Aチーム: 菅谷わこ(2年)渡邊理愛(2年)堀口珠佑(1年)

今回は多くの選手が入賞を果たしました。選手及び九大委員の皆さんおつかれさまでした。また、OB・OGの先輩方も遠方まで応援ありがとうございました。そして、九大大会をもちまして、3年生は引退となります。今までおつかれさまでした。これからは新体制でさらに精進していきたいと思います。
ここで新幹部の発表をさせていただきます。
主将 川崎峻介
副将・広報 菅谷わこ
会計 横畠尚希
主務 平田直樹
よろしくお願い致します。ありがとうございました。

ブログ記事一覧に戻る